MAGILL LOS ANGELES // Crew Grey
598aba88b1b6195f27001baa 598aba88b1b6195f27001baa 598aba88b1b6195f27001baa

MAGILL LOS ANGELES // Crew Grey

¥14,040 税込

送料についてはこちら

  • S

    残り1点

  • M

    残り1点

  • L

    残り1点

マギル ロスアンゼルスのスウェット。 Made in LAでコットン100%。 size: S: 身幅 56cm 肩幅 48cm そで丈 64cm 着丈 69.8cm M: 身幅 58.5cm 肩幅 50cm そで丈 64.4cm 着丈 74cm L: 身幅 60.5cm 肩幅 51cm そで丈 68cm 着丈 76cm 古き良き80年代のCalvin Kleinのランウェイモデルからそのキャリアをスタートさせたデザイナー、Todd Magill(トッド・マギル)が立ち上げたブランド、Magill Los Angeles(マギル ロスアンゼルス)。 ニューヨークをベースに、各時代を代表するいくつかのコレクションブランドでのデザイナーを経て、約7年間ジャック・スペードのクリエイティブディレクターを務めたのちLAに移住。2017年秋冬より、自身のブランドをスタートした彼が描くのは、オールドハリウッド。 レオナルド・ダヴィンチの「シンプルさこそが究極の洗練」という言葉を生涯のモットーとしている彼らしく、若かりし頃のWoody Allenをはじめ、数々のハリウッドスターのクラシックなラグビーシャツの着こなしを、モダンに落とし込んだタイムレスなスタイルを表現する。 「本物のアメリカンスポーツウェア」を生産するLAをベースに、ニューヨークのダウンタウン的DNAが紡ぎ出す、ラグビーシャツを中心とした新しいストリートスタイルを提案します。 Magill Los Angeles 2017秋冬のメインモデル、Cal Travis Oaks(キャル・トラヴィス・オークス)は、テネシー西部で生まれ、LAを拠点に活動するスケーター兼フィルムメーカー。オールドハリウッドスタイルを地で行く彼は、3本目の作品となるスケートフィルム、Ausenciaを製作中。